【ぶたはげ】帯広駅で食べられる豚丼専門店!テイクアウトメニューや場所(アクセス)紹介。

十勝エリア(帯広・広尾・芽室・士幌・札内)

北海道と言えばジンギスカン!帯広といえば豚丼

帯広は豚丼の発祥の地です!
今や、観光雑誌やTVでもよく紹介されているのでご存知の方は多いかもしれません。

帯広在住の私が最もおすすめする豚丼専門店「ぶたはげ」の魅力やテイクアウト情報を紹介します!毎月食べちゃう美味さでリピート客の私たちがお伝えしていきますね。《環境依存文字》

ブログランキングはこちらにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

帯広はなぜ豚丼が有名なのか?

明治末期に、農家や開拓者が汗を流し働く姿を見て、スタミナ料理を提供したいと洋食料理人数人が思いました。

食材にうなぎを使おうと考えましたが、うなぎは高価で手に入りにくい…。

そこで目を付けたのが、豚肉です!

当時、十勝地方では養豚業が盛んにおこなわれていたため、豚肉は身近で安く手に入ったそうです。そして、昭和初期に試行錯誤の末に出来たのが、うなぎの蒲焼きをイメージして作られた豚丼です。

ちなみに帯広には私の知るかぎり鰻専門店というのはなくて、完全に豚丼が鰻の代役をしていますね!

地元民がお勧めする豚丼専門店は「ぶたはげ」

帯広の豚丼と調べると色々なお店が出てきます。
その中でも私がお勧めするのが、帯広駅にある「豚丼のぶたはげ」です!

色々と調べて迷った時は、ここに行けば間違いなしです

肉がパサついていなくて、ジューシーな食感です。豚丼は脂身が多くてちょっと・・・という方でも食べやすい脂身のバランスかなと思います。

私は、豚丼は味が単調で食べ飽きるのであまり食べてなかったんですが、ここの豚丼はなぜか箸が進んじゃうんですよね〜。

グリーンピースは豚丼の上に乗っていることが多いですが、これは店舗によってトッピングが違うので苦手な方は事前に言うと取り除いてくれるかもしれません。

地元民がぶたはげをすすめる理由

数ある中でなぜ「ぶたはげ」なのか。一般的に駅周辺やアクセスしやすいところは長蛇の列ができていることが多いです。気軽に食べれて、テイクアウトも可能なので親みやすのは嬉しいですよね!近くに住んでで、毎回長蛇の列に並んで食事をするのはしんどいです。

利用のしやすさだけではなく、おすすめする理由で一番はやっぱり味ですのでその詳細もピックアップしてお伝えします!

長年同じ店舗で経営を続けていることも住民たちから愛される理由の1つかもしれませんね。

炭火焼きの味がしっかりしている

850℃の高温で網焼きされており、店内にもその香りが充満しています。店内だけではなく炭火焼きの香ばしい匂いが店の近くを歩くだけで漂ってきます。

やっぱり炭火焼きだと美味しさが格段に違いますね!風味がワンランクアップするような気がします。

他の豚丼有名店もありますが、炭火じゃないところも多いのかなと思います。炭火焼きがお好みの方にはぜひおすすめしたいです。

お肉が柔らかい

もちろん北海道産の豚肉を使用しています。その中でも選び抜かれた豚で、さらに選りすぐりの部位を使用しているそうです!

そのため、箸で切れるほど柔らかくコクのある美味しさがあります!食べていて筋が残るようなこともなく、脂身と肉の部分のバランスが良いので食べ飽きることなく完食してしまいます。

私のおじいちゃんもよく食べるのですが、肉の歯切れが良いのでバクバク食べています。

あまじょっぱいのバランスが絶妙なタレ

豚丼誕生から守り続けてきた伝統の味

工場や機械に頼ることなく、職人が手作りしています。
そのため、深い味わいがあり、味のバランスも保たれています!!

そして、店内には追いダレがあるんです!
そのままでも味がしっかりしていますが、ご飯にかけると最高です😋テイクアウト時も小さい容器にタレがついてきます。

駅中にあるためアクセスが良い

北海道は車がないと移動しずらいです…。
だからといって、都内から来た方などは運転慣れしてない場合や免許がないと車移動せずにバスや電車移動になりますよね。

しかし、このお店は駅内にあるため行きやすさNo.1です!バスターミナルと駅は直結していますので、待ち時間や帰り際のご飯利用でも使い勝手がいいですね!

また、駅周辺にはシッピングモールや、図書館もあり横断歩道1つ渡るだけでアクセスができます。時間がない方は事前に電話で予約も可能です。

「ぶたはげ」はテイクアウト可能

「飛行機の時間が…」「電車の時間が…」という時でも気軽に持ち帰りができるのは良いですよね!

電話での事前予約も可能なので、飛行機や電車、バスの時間に合せて予約をしておけば、並んでて買えない!という心配がなくなります!

混雑するタイミングでは事前に予約の上、押しを運ぶと良いですね。待つ時は待つみたいです。

※セブンイレブンでも「ぶたはげ」監修の豚丼が発売されています!期間は未定ですが、覗いてみて下さい!

「ぶたはげ」のメニューはシンプル!

・豚丼(肉4枚)980円
・特盛豚丼(肉6枚)1370円
・お子様豚丼(肉2枚)690円
・ご飯大盛り +120円
・焼き豚(肉のみ3枚)590円

※家族連れだと、お子様用があるのは嬉しいですよね😊

 

「ぶたはげ」の場所

帯広駅構内のエスタ西館にあります。「とかち食物語」のブース内にありますが、匂いで場所は分かります😏赤い看板が目印です。

※東館もあるのでお間違いないように!

もし道がわからない場合は駅構内中心に改札がありその横に駅員さんがいるので聞いてみてください。

帯広駅の豚丼についての“まとめ“

駅構内の店だからと侮ってはいけません!

本当に美味しいんです!最近千歳の三井アウトレットモールの中にも出店しているのを発見しました!色んなところで食べれるのは嬉しいですね。

私のおじいちゃんもお肉が簡単に噛み切れて、美味しい「ぶたはげ」の常連客です!

地元民も愛するこのお店に、是非とも足を運んでみて下さい。

いつも見てくれてありがとうございます▼ クリックで応援!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました