帯広駅のタクシー乗り場の場所は?乗車値段目安や乗れない時期があるって知ってた?

十勝エリア(帯広・広尾・芽室・士幌・札内)

現在、朝ドラの「なつぞら」「舞い上がれ」サウナ人気が出始めている酪農大国十勝帯広。空港や電車を使った利用者も増えてきているのではないでしょうか。

行ったことのない駅でのタクシー利用や、住んでたけどタクシーを使ったことのない方はどこにタクシー乗り場があって必要な時に乗れるのか気になりますよね。

帯広駅のタクシー乗り場の場所や値段などについて書いていきます!

他にタクシーに関する記事がなかったので十勝帯広に住む私が知っている情報と実際に駅に行ってきた写真を使って記載していきますので、何かお役に立てれば嬉しいです。

ブログランキングはこちらにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

帯広駅タクシー乗り場の場所

帯広駅にはタクシー乗り場が箇所あります。大きく分けて駅からの出口は4つあります。そのどこから出てもタクシーに乗り場は目に付く場所にあるのでまず見つからないなんてことはないかと思います。ですが、より安心して利用いただくために写真も載せておきます。

北口のタクシー乗り場

まずは北口から

西通り北口と東通り北口とありますが、北口であればタクシー乗り場までの距離は大して変わりません。

出口のドアを開けてすぐ目の前にタクシーレーンがあります。

私の感覚では基本的に数台はレーンに並んでいて、待ちのタクシーエリア(タクシー待機所)にも2〜3台は止まっているかなと思います。

タクシー乗り場にはこんな感じで、屋根ベンチもありました。

東京のように大きいタクシーは見たことがないです。昔からあるタクシーのタイプですね。東京のタクシードライバーさんからはもう写真にあるタクシーは生産されなくなったと聞きましたが、帯広はどう何でしょうか?

個人的にはタクシーを利用するときは荷物が多い時やお年寄りと使うことが多いので早く変わってくれたらうれしーなぁ〜〜。

南口のタクシー乗り場

続いて南口です。

南口も北口と同様に乗り場までの距離は西通り口と東通り口とありますが、南口であればタクシー乗り場までの距離は大して変わりません。

写真は東口の写真です。

ドアを開けて円形に並べられた石の椅子の右側にタクシー乗り場があります。

少しわかりづらいですね。汗  中央に映る木の左側です。拡大します↓。

「タクシー」という文字が入っている三角屋根がタクシー乗り場です。

帯広のタクシー会社

GW期間や正月には帯広ではタクシーに乗るのが困難になります。この期間にご利用する場合は、事前にタクシー会社に予約しておくといいですね!

  1. 帯広ハイヤー株式会社 電話:0155-33-8844
  2. TKタクシー株式会社 電話:0155-33-9595
  3. 東洋タクシー有限会社 電話:0155-33-3939
  4. 株式会社まりもハイヤー 電話:0155-23-8181
  5. 金星釧路ハイヤー株式会社 電話:0155-36-2155
  6. 日の丸交通株式会社 電話:0155-36-5111
  7. 東京ハイヤー株式会社 電話:0155-22-2468
  8. 大正交通有限会社 電話:0155-64-5011
  9. 帯広個人タクシー協会 電話:0155-48-5141

ちなみにTKタクシーが台数が他社と比較して多いです。
介護タクシーなどのご利用の場合は関係各所に相談いただいて手配ください。

帯広のタクシー料金

初乗料金 1241mまで550円
加算料金 274m毎に80円

最近はグーグル検索でもタクシー料金が調べられたりもするので、目安の金額を事前に調べておくことでより安心して利用ができそうですね。

帯広駅タクシーのまとめ

車社会の帯広で車がない時や、飲酒時にお世話になるのがタクシーです。
走りのタクシーもありますが、常に待機しているのは帯広駅です。

帯広駅からのアクセスであれば帯広はどこもアクセスしやすいです。
観光の場合はレンタカーやカーシャアを使うのも視野に入れておきましょう!

帯広タクシーがなくなる?乗れない時期

正月とGWはタクシーがなくなります!

車社会の帯広では飲んだ後のタクシー利用が多いです。正月とG Wは予約を早い段階でしておかないとまず乗れないです。街を歩いても駅でいくら待てどもタクシーを拾うことができなくて。。。なんて話し何度も聞いたことがあります。

タクシーは不意に必要になる機会が多いとは思いますが、必要なタイミングがはっきりとしているならばあらかじめ予約などできるといいですね!

いつも見てくれてありがとうございます▼ クリックで応援!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました