得旅!「HOKKAIDO LOVE!割り」で十勝・帯広観光!旅行支援の対象者と補助金額や計算方法。

十勝エリア(帯広・広尾・芽室・士幌・札内)

北海道旅行がお得に楽しめる旅行者支援「HOKKAIDO LOVE!割り」

今回は北海道の中でも北海道らしいを自然と食を味わえる観光地、十勝観光や帯広の旅行でも活用できる
HOKKAIDO LOVE!割りについて情報共有をしていきます。

十勝は広大な大自然に囲まれ、美しい丘陵地帯や広がる大平原、清らかな湖や川がいくつもあり、四季折々の風景が楽しめます。特に夏には美しい花畑が広がり、この旅行支援中を活用して訪れることができます。

他にも農業と畜産が盛んなであり、美味しい食材が豊富ですよね。広大な土地で育った新鮮な野菜や果物、高品質な乳製品や肉製品は、食べるのを想像するだけで喜びですよね。

また、温泉街周辺には観光施設やレジャー施設も充実しており、北海道らしい時間を過ごすことができますし、十勝の広大な自然環境を活かして、さまざまなアウトドアアクティビティが楽しめます。観光地では、十勝村のばんえいなども人気です。

そんな十勝の観光・旅行がもっと楽しくなる旅行支援があるので是非活用してください。

ブログランキングはこちら
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

本ページは一部プロモーションが含まれています。

HOKKAIDO LOVE!割りとは?

北海道における全国の旅行者向けの支援事業で、時代的に減少してしまった旅行需要の早期回復を狙うための旅行料金が割引になる支援制度です。

さらに、HOKKAIDO LOVE!割の利用者には、旅行期間中に使用可能な、『ほっかいどう応援クーポン』の配布も行っており、お得だらけの旅行支援になっています。

詳細は(HOKKAIDO LOVE!割り公式ページ)にて確認ができます。こういった制度は少し文章が難しいと感じる方もいると思いますので、まずこの記事を見てから詳しく調べてみるていただければわかりやすいかなと思います。

補助金額

平日だと3000円以上、休日だと2000円以上の宿泊代に20パーセントを一律で補助される旅行支援になります。

実際、いくら補助されるの?

宿泊代金が一人あたり、平日は3000円以上、休日だと2000円以上であれば、実際の費用の20パーセントが補助されます。

 

これはすごい。。。
もっと簡単にいうと3000円以上の宿泊であれば合計金額の20パーセントの金額が制度で補助されるということです!

一泊一人1万円だとしたら8000円になるわけですね。

補助金計算方法

細かくどのように計算するのか公式ページに記載がありましたので紹介します。
計算手順は3つです。

その①、旅行代金総額を出し、その金額より 20%を乗じます。

その②、1 人 1 泊あたりの販売補助金の上限額を、泊数と人数で乗じます。
日帰りの場合は参加人数のみを乗じます。

その③、①と②を比べて金額の低い方が販売補助金となります。
※販売補助金は基本的に 1 円未満の切り捨てとなるそうです。

実際に計算をしてみながら自分の場合いくら補助されるのか確認してみましょう!

補助金・クーポン金額の算出例

※以下の算出例は一例ですので、実際の補助金の計算に関しては、宿泊先や各事業者にお問い合わせて確認をしてください。

例 1)
1 泊 2 日 平日泊 宿泊旅行(交通なし) 4 人(大人 2 人+幼児 2 人)
《旅行代金総額》 大人@20,000 円×2 人+幼児@0円×2 人=40,000 円
《最低旅行代金》 平日 3,000 円×1 泊×4 人=12,000 円

まずここで旅行代金総額が最低旅行代金を上回っているので、補助金適用されることがわかります。
40,000円から引く12,000円でマイナスになっていないので適用とういことです。

①20%計算 旅行代金総額 40,000 円×20%=8,000 円
②上限額 3,000 円×1 泊×4 人=12,000 円
※ほっかいどう応援クーポン 平日 2,000 円×1 泊×4 人=8,000 円
③①②より、20%計算の 8,000 円が上限額の 12,000 円を下回っているので、
8,000 円を補助金として適用します。

旅行総額に20パーセントを掛けた金額と最低旅行代金を見比べて、低い金額が補助金になります。
なので8,000円が補助金対象ですね。

※無賃幼児を人数に入れない場合は、最低旅行代金が 3,000 円×1 泊×2 人=6,000 円となりますので注意

他にも例が記載ありましたので載せておきます。

例 2)1 泊2日 平日泊 宿泊旅行(交通なし) 2 人(大人2人)
《旅行代金総額》 大人@2,000 円x2 人=4,000 円
《最低旅行代金》 平日 3,000 円×1 泊×2 人=6,000 円
⇒旅行代金総額が最低旅行代金を下回っているので、補助金適用対象外となります。

例 3)2泊3日 金・土泊 宿泊旅行(交通なし) 4人(大人2人+子供1人+幼児1人)
《旅行代金総額》 (大人@9,000 円×2 人+子供@6,800 円×1 人+幼児@0 円×1 人)×2 泊
=49,600 円
《最低旅行代金》 (平日(金)3,000 円+休日(土)2,000 円)×4 人=20,000 円
⇒旅行代金総額が最低旅行代金を上回っているので、補助金適用となります。

①20%計算 旅行代金総額 49,600 円×20%=9,920 円
②上限額 3,000 円×2 泊×4 人=24,000 円
※ほっかいどう応援クーポン (平日 2,000 円+休日 1,000 円)×4 人=12,000 円
③①②より、20%計算の 9,920 円が上限額の 24,000 円を下回っているので、
9,920 円を補助金として適用します。

ここまでで、計算方法がわかりましたね。次に路用するにあたっての対象者と利用条件を見ていきましょう。

対象者と利用条件

全都道府県民つまり日本に住んでいる皆様が対象です!

1名から利用可能利用条件は2つの書類を準備するだけ!

  • 本人の確認、住居地の確認ができるもの
  • 3回目の予防接種証明書

割と簡単に利用できそうですね。どちらも準備物に期限などはありませんので、ご安心下さい。
不安な方は下記に必要物の詳細を記載しています。

問題ない方は、利用期間や利用できる施設の項目へお進みください。

本人確認書類

本人確認・居住地の確認にできるものについては運転免許証や健康保険証等(住所が記載されていることが大事です)。

運転免許証、健康保険証以外にもパスポート、マイナンバーカード等の住所が確認できる書類であれば問題ありません。

現住所の記載がない場合、または記載されている住所と現住所が異なる場合は、本人確認書類とは別途次の補助書類等の用意が必要になります。

補助書類として認められるものは、直近(3か月)の公共料金(電気・ガス・水道・固定電話等)の請求書・領収書等で現住所及び氏名が記載されたものです。

上記の書類で住所を確認できれば、HOKKAIDO LOVE!割を利用できるようです。

在日外国人の方の身分証明書は、原本のみで
【在日米軍(軍人)の場合⇒以下 2 点の提示】
①アメリカ政府発行のパスポートまたは軍発行の身分証明書(ミリタリーID)
②軍発行の旅行命令書(トラベルオーダー)
※同命令書に記載のある旅行初日から 3 か月以上経過しているもの
【在日米軍(軍属と軍人の家族)⇒以下 2 点の提示】
①アメリカ政府発行のパスポート
②軍発行の旅行命令書(トラベルオーダー)
※同命令書に記載のある旅行初日から 3 か月以上経過しているもの

以上が必要になるようです。

予防接種証明書

3回目接種をしていることが条件です。

また、旅行時、チェックイン等の提示の際は、対象者全員の接種済証や検査の結果通知書等の提示と運転免許証、健康保険証等の公的書類による、本人確認及び利用対象の都道府県在住の確認が必要になります。どちらかの証書一つでは対象になりません。

接種済証や検査の結果通知書等の提示については、原本の写し(コピー)等でも利用可能ですので旅行の際は、常に持ち歩けるようにしておくと便利かと思います。

検査結果通知書には①受検者氏名 ②検査結果 ③検査方法 ④検査所名 ⑤検体採取日 ⑥検査管理者氏名 ⑦有効期限の記載が必要とのことです。

予防接種済証等に有効期限はありませんが、検査結果通知書等を利用される場合については、有効期限がありますのでご自身でご確認ください。詳細は(HOKKAIDO LOVE!割り公式ページ)にて確認ができます。

利用可能期間

期間:令和5年1月10日~7月14日(7月15日チェックアウト分まで有効)

結構長く利用できますね!一泊からでも利用ができるので、休日を利用して旅行にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

ただし、支援金の予算がなくなり次第、上記期間に関わらず、順次、新規予約が停止となるそうです。予約時に手配先へ確認を個別に行なっておくと安全かと思いますので。

リスクヘッジをご自身で行なった上で楽しいご旅行にされてください。

利用上の注意事項

じゃらんさんなどのインターネット予約サイトで対象施設を予約した場合、HOKKAIDO LOVE!割は対象になるのでしょうか?

HOKKAIDO LOVE!割の対象事業者になっていない予約は HOKKAIDO LOVE!割対象外とな
ります。旅行会社の対象可否に関しては、各事業者にご自身でお問い合わせください。

また、市町村等の割引事業とは併用可能可否に関しては、旅先の市町村等が HOKKAIDO LOVE!割との併用を可能としている場合であれば、HOKKAIDO LOVE!割の販売補助金を併用可能です。

ただ、事業所によっては必ずしも併用が可能であるとは限らないそうで、こちらも利用先の事業所へ個人で確認するのが最善の安心策です。

予約方法

宿泊施設や旅行会社により予約方法は異なります。各事業者にお問い合わせください。対象施設は公式のHOKKAIDOLOVE!割りのサイトから検索ができます。

上のサイト内の対象事業者内にあるボタンを押して、ご希望の事業者が対象であることを確認してから、予約時に、利用する施設または旅行会社等へHOKKAIDO LOVE!割を利用したい旨を伝えてください。

事業者から説明があります。インターネットで予約、購入については、インターネットで利用条件や対象プラン等をご確認の上、インターネットでお申し込みください。

事業者毎に予算枠があります。予算枠がなくなり次第、順次、新規予約が停止となりますので、利用前に利用可否を必ず事業者に確認してください。

北海道応援クーポンの申し込みも可能なので、色々な支援を組み合わせるとさらにお得になるようです。

十勝で利用できる観光施設

記事執筆時点での調べでは、ホテル・旅館・フェリー・登山や自然を体感できるラフティング等のアクティビティも可能です。

音更町・新得・帯広・富良野等での利用可能施設が多いような印象を私は受けました。

他の記事でも十勝帯広観光に役立つ情報をまとめていますのでよければ見て下さい。
帯広駅で買えるおすすめのお土産紹介。営業時間。十勝土産の変える場所、帯広駅。

いつも見てくれてありがとうございます▼ クリックで応援!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました