【ボールパーク北広島でソリが楽しめる!】エフビレッジスノーパークのスキーレンタルの値段は?

道央エリア(札幌・千歳・北広島・蘭越・ニセコ)

「北海道で11月からスキーデビューできるところないかな?」

「子供を安全にスキーデビューさせたい。」

「新施設のボールパークで雪遊びがしたい!」

周りより一足早くスキーデビューができるミニゲレンデかつ、手ぶらで雪遊びやそりも遊べる北海道らしい雪上体験をできる施設が2023年の11月にオープンします。

子供が成長する姿を安心してスマホに録画できる環境は親からすると嬉しい〜!

この記事では新しくできた大型施設ボールパークに11月からできるFビレッジスノーパークについての情報をまとめてお伝えしていきます。

何事も事前情報が大事です!特に予約やレンタル品に関しては必ず前もって確認しておきましょう!

この記事でわかること。

北海道ボールパークエフビレッジスノーパークでソリ&スキーができる!
エフビレッジスノーパークの開催期間(営業時間)
エフビレッジスノーパーク予約方法
エフビレッジスノーパークの入場料金は高い?レンタル料金
ソリのレンタル料金
スキーレンタル料金
Fビレッジスノーパークの楽しみ方
北海道ボールパーク駐車場からの行き方
北海道ボールパークにホテルはある?
北海道ボールパークエフビレッジスノーパークまとめ

合わせて読みたい記事。

【関連記事】星野リゾートトマム〈アイスヴィレッジ〉料金・花火の時間・アクセス方法など見どころ紹介!

【関連記事】帯広・富良野・旭川道東エリアから行けるおすすめスキー場&ゲレンデ。ゲレンデコース紹介。

本ページは一部プロモーションが含まれています。

北海道ボールパークエフビレッジスノーパークでソリ&スキー

2023年11月1日にオープンする「北海道ボールパーク F ビレッジ内」の手ぶらでそりやスキーが楽しめる場所、F VILLAGE SnowPark (エフ ビレッジ スノーパーク)

北海道らしい雪景色の中でのスキーやそり遊びなど雪上での新たな冒険を体験できるエリアになっているとのことです。

雪合戦や雪だるま作りをするのも良し、
雪の上での滑走(スキー・そり)や雪遊びを通じて、寒さを忘れて楽しい時間を過ごせます。

F VILLAGE SnowPark(エフ ビレッジ スノーパーク)は市街地から手軽に雪上体験できる2エリアがあり、

「スキー体験 エリア」
「そり・雪遊びエリア」が誕生します。

※そりエリアは12月中旬にオープン予定。

 

 

人口造雪により、11月から一足早くスキーのスキルを習得できたり、

スノーエスカレーターでゲレンデ上部まで快適に移動が可能なので安心&疲れない工夫や、

コンシェルジュスタッフがレンタル用具サポートから雪遊びまで案内してくれますので、親としては安心ですね!

 

有料でレンタルやスキーアカデミーも行っていますので詳しく知りたい方は続きをどうぞ。

エフビレッジスノーパークの開催期間(営業時間)は?

営業日 2023年 11月1日 ~2024年2月末日
※「そり・雪遊びエリア」は天然降雪後12月中旬OPEN予定
定休日 2024年1月3日4日5日 毎週火曜日(2024年1月から)
営業時間 9:30 – 16:00
場所 北海道ボールパーク F ビレッジ F VILLAGE ADVENTUREPARK内
公式HP https://shorefield.jp/fv-snowpark/

予約ができるので、事前に予約をしてから行くと安心です。

エフビレッジスノーパークの予約

(画像引用元:Fvスノーパーク公式HP

Fvスノーパーク公式HPから7日前の0:00までに予約をすることが可能です。

予約は先着順で、画像のように2つの枠組みから予約することができます。

雪遊びは何かと服装や道具を持っていくのが大変だったりするので、予約して確実に遊べるのは安心です。

 

時間帯や値段が決まっているので、予定を組みやすいといったメリットもありますね!

自分で出来る限りの防寒を準備していけば寒い日でも心配せずに楽しめますよ!

エフビレッジスノーパークの入場料金は高い?レンタル料金は?

新施設ということもあり値段は高いのか気になりますよね!

普段通常のゲレンデに行くのとコスパはどうなのか見ていきましょう!

スノーパーク入場料金(2時間)

大人2,200円
子ども1,650円。

まず入場料はどうでしょうか。

2時間で2,000円前後をどう受け取るかですが、私的には初心者やデビュー戦をしたい方にはコスパ良しかと思います。

スキー場に行った場合、平均的に7,000円程度はリフト料金が掛かってしまう時代です。

なのに、実際は3時間しか滑らないことは多々あります。

そう考えれば、この価格でスキーのデビュー戦をするにはいいかもしれませんね!

 

スキーは自前もしくはレンタルができます。

子供用で何回か行く予定があるなら購入してもいいかもしれませんね!

道具は持っていくのが大変なのでレンタルをしたい方はレンタル品を予約することができます。

フルセットレンタル(入場料2時間込み)   

大人8,800円 子ども7,700円(入場料、ウェア上下、スキーレンタル、ソリレンタル)。

大きいスキー場でてっぺんから滑りたいなどの希望がなければお手頃なのではないでしょうか?

スノーパークを堪能したい方や、手ぶらで遊びたい方は幅広く色々な遊びに挑戦できますし、

値段的にも単体レンタルを何個もするよりはお得です。

他にも単体でのレンタル品やレッスン(アカデミー)も有料で利用できるので見ていきましょう。

ウェアだけでは寒いのでインナーはしっかり準備しておきましょうね!

ソリのレンタル料金

そりレンタルは2時間で1,100円です。

時間間もそりで遊べばクタクタかと思うのでコスパ的には十分かと!

 

いきなりスキーは怖い、でも雪の上でスリルを家族で楽しみたいならそりですね!

初めての雪遊びを体験にはもってこいです。

美しい自然に囲まれた雪遊びエリアで、 そりや雪だるまづくり・雪合戦など冬の冒険を思い出に残せますよ。

※そりエリアは12月中旬OPEN予定です。

自宅周辺の公園でも遊べるので、道民なら1台はそりを持っている?

スキーレンタル料金

レンタル料金は2時間で、

・レンタルスキーセット
大人 4,400円 子ども 3,850

・レンタルウエアセット
大人 4,400円 子ども 3,850円となっています。

どちらか単体でのレンタルであれば良いと思いますが、ウェアとスキーギア(スキー道具)を両方借りるなら、フルレンタルで大人8,800円 子ども7,700円の方がお得かと思います。

レンタルギア

サロモンというブランドのスキーセット&ウエアのレンタルが可能で、それなりのクオリティがありそうです。

スキーやスノボー経験者であればサロモンは聞き覚えがあるかもしれませんね!

装着方法などが不安な場合はコンシェルジュスタッフがスキーブーツのサイズフィッティングやスキー板調整を行い、雪遊びまで案内してくれます。

有料スキーアカデミーもあるので実力あるスタッフからのアドバイスも貰えるかもですね。

*持ち込みのスキーギア、ウエアでもお楽しみいただけます。

ブーツは長く使えますので購入する方も多いです。

その他、手袋やニット帽などは普段も使えますので揃えておくと便利ですね。

アカデミーでスキーレッスン

ちなみにスキーアカデミーのレッスンはプライベートレッスンも開催しておりスタッフが親切丁寧にスキー体験を準備からサポートするので安心です。

怪我するのを一番回避するためにも初めてのスキーならばアカデミーの利用が良いのでは?と思います。

Fビレッジスノーパークの楽しみ方

初めての雪上体験を手ぶらで手軽にお楽しめる施設かつ、ボールパークと合わせて時間を過ごすことができるので、ボールパークでサウナや野球観戦と合わせて1日を過ごすこともできそうですね!

特に子供と一緒に遊んだり、これからスキーを始めるか迷っている方にはおすすめの場所です。

道具はレンタルできるので、暖かい服装だけ準備してあれば安心ですね!

北海道ボールパーク駐車場への行き方は?

(画像引用元:Fvスノーパーク公式HP

マップ上でFビレッジ横にあるのは車椅子用の駐車場です。

スノーパーク専用の駐車場はなく、ボールパークの立体駐車場に駐車した上で利用する形になります。

ボールパーク内は頻繁にニュースで流れるほど変更や新施設の建設があるのでもしかしたら駐車場も今後さらに便利になるかもしれませんね!

 

ちなみにマイカーではなく公共交通機関をご利用の方は、新札幌駅からシャトルバスで約30分間でくることができます。

北海道ボールパークにホテルはある?

遠方からくる方はせっかくなら宿泊して、ゆっくり1日かけて北広島ボールパークを観光したいですよね!

そんな時には、ボールパーク内に「tower eleven hotel​」というホテルがあるので利用してみてはいかがでしょうか。

野球好きにはたまらないコンセプトルームなどもあります。

tower eleven hotel​

予約ページ↓

住所:tower eleven hotel 北広島市共栄228番地1 エスコンフィールドHOKKAIDO TOWER11 4F, 北海道 061-1113

北海道ボールパークエフビレッジスノーパークまとめ

F VILLAGEに期間限定「Snow Park」が11月に誕生。

手ぶらで雪遊びやスキーデビューができるので北海道らしい思い出が作れちゃいます。

ボールパークの施設やホテルと一緒に子供も大人も1日楽しく過ごすことができる施設になりそうです。

合わせて読みたい記事。

【関連記事】星野リゾートトマム〈アイスヴィレッジ〉料金・花火の時間・アクセス方法など見どころ紹介!

【関連記事】帯広・富良野・旭川道東エリアから行けるおすすめスキー場&ゲレンデ。ゲレンデコース紹介。

タイトルとURLをコピーしました